メインコンテンツにスキップ
宮崎「青島温泉」 鬼の洗濯板を眺め、トロトロの美人の湯で潤う〜 Deportare Trip vol.9

宮崎「青島温泉」 鬼の洗濯板を眺め、トロトロの美人の湯で潤う〜 Deportare Trip vol.9

LIFE STYLE DEPORTARE

share

サウナの聖地「サウナしきじ」(静岡県)の娘である笹野美紀恵が、数々のサウナや温浴施設をプロデュースしてきた経験と、女性の視点で選りすぐりのスポットを紹介します。

「Deportare Trip〜旅で潤う」連載第9回目で訪れたのは、宮崎を代表する景勝地、日南海岸の青島を一望できる岬に建つリゾートホテル「青島サンクマール」。ホテルの眼前に広がる波状の岩は、「鬼の洗濯板」と呼ばれ、国の天然記念物に指定されています。

干潮時に姿を現す岩肌は、その名の通り、ごつごつとしていて、洗濯板のようなめずらしい形状。青島温泉でも、これほど至近距離で、しかも湯浴みをしながら見られるのはここだけと聞けば、景色も一段と雄大に感じられます。

「青島を取り巻くようにできた鬼の洗濯板は、南の無人島『巾着島』まで約8キロの海岸線に見られます。潮が引くと岩の上を歩けるので、磯遊びをされる方や釣りを楽しまれる方もいます」

と、ホテル営業担当の中島千穂さん。青島温泉は、絶好のロケーションもさることながら、地下1200メートルから自噴する天然温泉で、肌にまとわりつくようなとろみのある湯が特徴だと言います。

太平洋と鬼の洗濯板を望む展望大浴場にはサウナ室も併設。水風呂の掛け流しの水は肌触りがよく、頭のチャクラに当たるような〝ミニ滝〟もおすすめ。サウナの後にトロトロの温泉で肌を潤したら、美人の完成です。

案内人:笹野美紀恵

サウナトータルプロデューサー。実家は、サウナの聖地と言われている【サウナしきじ】。サウナ、温浴施設などの総合ウェルネスプロデュース・PRを手がける。

ホテル青島サンクマール

宮崎県宮崎市折生迫7408

TEL 0985-55-4390

宮崎ブーゲンビリア空港より車で約20分

宮崎市街地より車で約30分

宮崎ICより車で約20分

http://www.cinqmale.co.jp

GoogleMap

宮崎市の白浜海水浴場から車で5分ほど。豊富な湯量を誇る天然自噴温泉が自慢のリゾートホテル。小窓を開けて絶景を独り占めできる貸し切り露天風呂も好評。展望台浴場と貸し切り露天風呂(2ヶ所)は日帰り入浴も可能。泉質は、ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物温泉。天然自噴温泉44度(加温)のトロトロの優しい湯で癒しのひとときを過ごせる。

【日帰り入浴について】

(展望大浴場)
利用時間/10:30〜21:00(受付20:00まで)
利用料/平日 大人 600円 / 子供 400円(3歳以上) 土日祝 大人 800円 / 子供 500円(3歳以上)
※ただし、6月19~21日は施設点検のため休館です
※特定営業日(GW・お盆・正月など)は、大人1,000円 / 子供500円
※タオル貸出等は別料金
(貸し切り露天風呂)
利用時間/10:30〜15:15(1組60分)
利用料/通常 2,500円 / 特定営業日 3,500円
※事前予約なしでもご利用可能ですが、電話にて事前予約をおすすめしています

日本一の宮崎牛など宮崎の旬を味わう

宮崎・青島の旬の絶品を味わえるお料理は、伊勢海老や宮崎牛を堪能できる春季限定の会席料理が人気。伊勢海老は「黄金焼き」や「味噌汁」、宮崎牛は「ステーキ」や「ひつまぶし風牛丼」として提供されている。

宮崎牛は、5年に1度開催される「全国和牛能力共進会」において4大会連続で最高賞にあたる【内閣総理大臣賞】を受賞。ほかにも、宮崎の旬の幸を楽しめる厳選した食材が使用されている。

日南海岸を代表する景勝地・堀切峠

ホテル青島サンクマールの周辺には、「青島神社」「堀切峠」など魅力あふれる観光スポットもたくさん。ホテルから南へ車で5分ほどの場所にある「堀切峠」は、標高60メートルほどの峠で、ここから見下ろす太平洋の眺めは素晴らしく、日南海岸を代表する景勝地。宮崎県の「県の木」に制定されているヤシ科の樹木「フェニックス」が並び、南国ムード漂う道路脇には展望台が設けられている。峠から1キロほど下ったところにある「道の駅フェニックス」があり、ここから見る鬼の洗濯板も圧巻だ。