メインコンテンツにスキップ
“メルティングポット”に暮らすということ〜自然と共存する都市6

“メルティングポット”に暮らすということ〜自然と共存する都市6

TRAVEL 2023.06 バンクーバー特集

share

カナダの中でも温暖なバンクーバー。ここには北米だけでなくアジアやヨーロッパなど、様々な国やエリアから人が移り住み、文字通り人種の坩堝(るつぼ)。人種も宗教も異なる人々が集まれば、大抵はそこで争いが起きる。しかしここは実に平和。多様な価値観を持つ人同士が隣り合って暮らしているのに、うまくいっているのはどうしてなのだろう?

「先住民の人を除いたら、みんな外から来た人。だからそれぞれ他の国々の人の立場を理解している。『俺たちの場所だ』と主張する人はいない。逆に多様性があるのは強い秘訣でもありますよ。それに他所から来る人達は、自分たちの良いところを持ってくることが多い。寄せ集めなのですが、それそれの文化や風習が楽しめることはラッキーなこと」(フェアモントホテルKristynaさん)、という説明が最も的を得ているかもしれない。とはいえ、町のアイコン的存在のスタンレーパークから、かつての住民である先住民たちを追い出したという過去もある。
「しかしそれを乗り越えつつ、皆バンクーバーが好きなんです。だからみんな仲良く暮らしていこうという意識が働いている」(スタンレーパーク生態学協会のOliviaさん)。

多種多様な人々が暮らすソルトスプリング島やボーエン島でも状況は同じ。
「新しい人は新しいエネルギーを持ってきてくれる。新しい人が来るのはとてもいいこと。土地の値段はたしかに上がったけど、新しい人達がお金を使ってくれたら島も潤っていくしね」(ソルトスプリング島ベリンダさん)。
因みにベリンダさんによると、新しくやってきた人は髪の毛もきちんとカットしてるし、きれいな靴を履いてるからすぐわかるという。「だけどここはそんなことは気にしなくていい場所。やがて島に長く住むようになると、みんな楽でラフな、思い思いの格好になってくる。島に馴染んできた証拠」。

とはいえ、一人になりたい人だっているに違いない。静けさを求めて島に移り住む人もいるはずだ。
「もちろん一人で静かに過ごしたい人もいるし、そういう人だって、それはそれでリスペクトされている。孤独の環境として島を選んだのだからそれでいいと思う。だけど静けさを求めてやってくると裏切られるかもしれませんよ。実は朝早くから鶏は鳴くし、夜通しフクロウも鳴く、春は一日中蛙が鳴くし。『ぜんぜん静かじゃないじゃないか!』と、島を出ていった人もいたのはホントです。

いずれにしても今回旅をしたバンクーバー及び周辺の島々で出会った人々は誰もがLOVEで迎え入れてくれたことは確かなのだ。

取材・文:山下マヌー  写真:秋田大輔

バンクーバーのおすすめホテル

  • Hilton Vancouver Downtown

    ロケーションが良く、非常に清潔、且つ比較的値段もリーズナブルでお客様からの満足度が高いホテルです。
    TEL : +1 604 602 1999
    詳しくはこちら

  • Hotel Belmont Vancouver Mgallery

    イエールタウンの中心に位置し、観光に最適なロケーションです。 現代美術館, Art Beatus, Hart and Sole Clothing Inc.のような市内人気アトラクションやランドマークへも簡単にアクセスできます。
    TEL : +1 604 605 4333
    詳しくはこちら

  • ブルー ホライズン ホテル

    人気エリアであるバンクーバー市街に位置するBlue Horizon Hotelは、ビジネス出張と観光のどちらにも最適なロケーションです。
    TEL : +1 604 688 1411
    詳しくはこちら

※「詳しくはこちら」「検索する(宿泊のみ)」から先は外部サイトへ移動します
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。