メインコンテンツにスキップ
気分は国王!?憧れの英国貴族の館に泊まる〜古くて新しい、イギリスのアンティークな街6

気分は国王!?憧れの英国貴族の館に泊まる〜古くて新しい、イギリスのアンティークな街6

TRAVEL 2023.04 イギリス特集

share

世界でも突出した歴史と伝統を有しながら、つねに華やかな文化の中心地でありつづけるイギリス。ロンドンをはじめとする都市部では、最先端の事物を取り入れつつも、古き良き建築を巧みに維持して次世代へとつなげていく街づくりが自然に行われている。かつての貴族の屋敷へ滞在できる“マナーハウス”は、イギリスだからこそ楽しめるステイ先のひとつだ。代々受け継がれてきた自然と建築を誇る「ハートウェルハウス&スパ」の気になる歴史や、威厳に満ちた美しさを守る「ナショナル・トラスト」との関わりについて、web限定のスピンオフ記事を公開。

ヘリテージとして守られる、絢爛でアットホームな城と庭園

「ハートウェルハウス&スパ」は、ロンドン北西部のバッキンガムシャーに佇むマナーハウス。ジャコビアン様式とジョージアン様式が融合したこちらの荘園邸宅が建築されたのは16世紀後から17世紀にかけてとされるが、この土地自体には約1000年前から名だたる王侯たちが居を構えていたのだという。

滞在した歴史上の人物たちの中でも特筆すべきは、フランス国王ルイ18世だろう。革命下の亡命生活において5年ものあいだ、ここハートウェルに滞在した。城内には彼とその妃を描いた絵画や彫刻が数多く残され、国王と妃の逗留した部屋にそれぞれ宿泊することもできる。ナポレオン没落後の復古王政に向けた即位文書にもこの館の書斎でサインしたのだといい、まさに世界史が動いた舞台といえるのだ。

この美しい邸宅と90エーカーもの庭園は現在、歴史的建造物や景勝地を民間の力で保持するイギリス発祥のボランティア団体、「ナショナル・トラスト」の施設のひとつとなっている。彼らはボランティアの力で英国最大の土地所有者のひとつとなり、約25万ヘクタールの土地と780マイルの海岸、そして「ハートウェルハウス&スパ」を含む500以上の歴史的建造物や庭園を所有。各施設の入場料や会員の年会費、寄付金などを活動の資金源とし、後世に残していくべき遺産として保護している。「ハートウェルハウス&スパ」は2008年に「ナショナル・トラスト」に寄贈され、修復を重ねながら人々の来訪を受け入れているそうだ。

2026年に開通予定のロンドン〜バーミンガム間をつなぐ高速鉄道の計画においても、「ナショナル・トラスト」の働きかけが。ホテルのPR担当のピーターさんによると「当初の建設計画では線路がすぐ近くを通る手筈になっていたのですが、ハートウェル近辺の美しい景観を壊さないために声をあげ、電車が地下を通るルートに変更されました」とのこと。イギリスにおいて景勝地を守り残していこうとする近隣住民や「ナショナル・トラスト」の力は大きく、彼らの庇護を得られることは「大変な名誉」なのだそうだ。


余談だが、イギリスで興った「ナショナル・トラスト」の理念は日本の森林や文化遺産の保護活動にも大きな影響を与えている。1960年代に鎌倉や京都、奈良といった古都の自然や歴史的環境がつぎつぎと破壊されていく事態に危機を感じた作家の大佛(おさらぎ)次郎が、イギリスの「ナショナル・トラスト」の活動に光明を見出し、日本へ紹介。今では「日本ナショナル・トラスト協会」が設立され、全国で募金や土地の取得活動を行なう形に。実際に鎌倉には、山林や邸宅など彼らによって保全されている場所がいくつか見受けられる。

そんな背景を知りながら訪れると、「ハートウェルハウス&スパ」で提供される格式あるもてなしの数々が、とても貴重でありがたいものに思えてくる。例えばアフタヌーンティーひとつとってもそうだ。最新のホテルでいろいろ趣向を凝らしたお茶をいただくのももちろん素敵だが、この場で刻まれてきた歴史を内包したこの堂々たるティーセットとサービスは、いただく者を一瞬で、ここに流れる悠久の時の流れの住人へと変えてしまう。先に紹介したPR担当のピーターさんいわく「スタッフはこの場所の歩んできた時間に敬意を払いながら細部まで念入りに整え、景観と雰囲気を大切に守っています」といい、それゆえに「働くチームはお互いがまるで家族のよう」なのだとか。

白鳥が憩う自然豊かな庭園に囲まれ、壮麗な装飾に囲まれながらひっそりと、時の流れの果てしなさに身を浸す。そんな旅こそ、真に豊かな歴史探訪の機会となるのではないだろうか。

Hartwell House & Spa

別館にあるスパはスイミングプールやスチームルーム、サウナ、ジムを備え、英国発のスパブランド「アロマセラピー アソシエイツ」のプロダクトを用いたトリートメントも提供している。

Oxford Rd, Vale of Aylesbury, Buckinghamshire HP17 8NR
www.hartwell-house.com

GoogleMap

写真:松園多聞 コーデ ィネーション:井上亮、長谷川友美 取材&文&編集:山下美咲

イギリスのおすすめホテル

  • ザ タワー ホテル

    ロンドンの中心部に位置するザ タワー ホテルは大変便利なロケーションにあります。この宿泊施設は、星の数4と評価されています。空港から9 kmの位置にありアクセスが大変便利です。St. Katharine Docks・セント キャサリン ドック・Girl with a Dolphin Fountainのような人気観光スポットへ簡単にアクセスできるのが魅力です。
    TEL : 442075235063
    詳しくはこちら

  • Hard Rock Hotel London

    旅の目的に関わらず、ロンドンを訪れる際にはぜひHard Rock Hotel Londonへご滞在ください。市内アトラクションやアクティビティへのアクセスも抜群です。市内の主要観光地へのアクセスも良く、滞在拠点として抜群の立地です。
    TEL : 442075235053
    詳しくはこちら

  • シスル マーブル アーチ

    旅の目的に関わらず、ロンドンを訪れる際にはぜひアンバ ホテル マーブル アーチへご滞在ください。
    Still Water Horse Head Statue・マーブル アーチ・タイバーン ツリーなど多数の観光アトラクションでにぎわう立地付近に位置していますが、館内はやすらぎあふれる憩いの空間をご提供しています。
    TEL : 442075235060
    詳しくはこちら

※「詳しくはこちら」「検索する(宿泊のみ)」から先は外部サイトへ移動します
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。