メインコンテンツにスキップ
少数民族の伝統を繋ぐ「絶景カフェオレ」〜タイ リアルローカルに触れる3

少数民族の伝統を繋ぐ「絶景カフェオレ」〜タイ リアルローカルに触れる3

TRAVEL 2023.05 タイ特集

share

ミャンマーとの国境手前、約10キロの位置にあるジャポー地区。ラフ民族が暮らす山間のこの小さな集落に、初めてタイ人がやってきたのが10数年前。以降、外との交流が少しづつ始まり、やがて現在のように外国人観光客も訪れるようになった。最初にやってきたタイ人が村からの絶景に感動。「ここに人を連れてきてもよいか」と相談されたのがきっかけだったという。おそらくそのタイ人は、この村の観光地としてのポテンシャルに気づいたのだろう。タイは当時からヒッピーやバックパッカーに人気の高い旅行先であり、とくにヒッピーたちはその他大勢の観光客がいないところを目指し、ジャポーの麓の町、パイまで“進出”を初めていた時期とも重なる。

「村からの絶景は当時と変わっていません。今でも外から来た人は、先ずこの絶景に驚きます。それも私達の誇りですが、それより村の昔ながらの生活スタイル、畑での農作業を体験してほしい。なぜならそれが自然と共に暮らしてきた、私たちラフ民族だからです」と、村の世話役ナコーさんは話す。

交流は人だけにとどまらず、異なる文化や風習も目にするようになる。外部との接点や情報も増えていく中、都会のほうが便利だとは思わないのかと尋ねてみた。

「全く思わない。町はクルマも多いしザワザワしている。暑いし風も生ぬるい。人間が暮らす環境としてはこちらのほうが適しています」と、答える。なるほど、たしかにここにいると風は心地よいし、空気もよどんでいない。しかし若い人たちにとってはどうなのだろう?

「クルマやオートバイを買って都会に出ていく者もいる。しかしその後戻ってくる者のほうが多いのです。私の息子のように、コーヒーショップをやったり、ホームスティで観光客を受け入れ、現金を得たり」。

なるほど、若者は若者のやり方で村のポテンシャルを活かしつつ、村に現金収入をもたらしているというわけだ。

昔ながらの自給自足のスタイルで暮らしてきた山岳民族とはいえ、現代においては現金が必要不可欠。そのためにコミュニティベースドツアーが果たす役割は少なくない。観光客が落とすお金は村に現金収入をもたらし、村ではそれを使って民族の文化や伝統を守り、次世代に伝えていくことができるようになる。旅人と村人との間には、そんな好循環が生まれている。ジャポー村の絶景テラスで飲むカフェオレもまた、そんな循環に組み込まれているのかと思うと、「もう一杯お願いします!」と、ついおかわりをしたくなる?

取材・文・写真:山下マヌー 

タイのおすすめホテル

  • グランデセンターポイントターミナル21

    館内では24時間対応ルームサービス、全室Wi-Fi無料、24時間セキュリティ、清掃(毎日)、タクシーサービスなどお客様のご利用目的に合わせた設備・サービスをご用意しております。日常から開放され、ゆったりと思いのままリラックスできるよう、ホットタブ、フィットネスセンター、サウナ、屋外プール、スパなどの娯楽施設をご用意しております。 他では体験できない一流のおもてなしとサービスをご堪能ください。
    TEL : +66 2 056 9000
    詳しくはこちら

  • ザ ブレス ホテル&レジデンス

    全54室ある当施設では、ルームタイプにより薄型TV、無料インスタントコーヒー、無料ティー、鏡、スリッパなどを備えており、一歩を足を踏み入れれば’日々の喧騒を忘れさせてくれるようなくつろぎの空間となっています。 さらに、ご滞在中は当施設主催のさまざまなレクリエーションをご満喫いただけます。 ゆっくりとリラックスした時間を過ごせるブレス レジデンスは、バンコクを訪れる旅行者にはとっておきの滞在先です。

    TEL : +66 2 662 2444
    詳しくはこちら

  • ジャスミン シティ ホテル バンコク

    ジャスミン シティ ホテルは大変便利なロケーションにあり、市内からはたったの1 kmの距離にあり、空港まで30分でアクセスできます。 館内のホットタブ、フィットネスセンター、サウナ、屋外プール、子供用プールはリラックスしたり一日の疲れを癒すのに最適な場です。 ゆっくりとリラックスした時間を過ごせるジャスミン シティ ホテルは、バンコクを訪れる旅行者にはとっておきの滞在先です。
    TEL : +66 2 204 5888
    詳しくはこちら

※「詳しくはこちら」「検索する(宿泊のみ)」から先は外部サイトへ移動します
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。