メインコンテンツにスキップ
快適な水上生活を蝕むもの〜タイ リアルローカルに触れる1

快適な水上生活を蝕むもの〜タイ リアルローカルに触れる1

TRAVEL 2023.05 タイ特集

share

「水上生活者」というのは、「陸地に家を持てない貧しい人」のこと。そんなイメージを持っている人も少なくないのではないか。ニュースなどで映し出される、「貧しい人々が暮らすエリア」のアイコンの一つとして紹介されることが多く、そういうイメージが刷り込まれているからかもしれない。今回タイのピタック島での水上生活者の家を訪ねるまでは、自分もそう思い込んでいた。ところがここは実に快適で、タイ南部という蒸し暑い地域にも関わらず、海からの風が心地よくエアコンも必要ない。どの部屋の窓からでもオーシャンビュー(海の上なので、オン・ジ・オーシャンというべきか?)を望める。

再生エネルギーを利用することで電気もあり、シャワーからは温水も出る。簡易とはいえトイレは水栓。もちろん、食事はいつでも採れたての新鮮な魚介類が食べられる。ただし、毎日魚ばかりでは飽きてしまうので、「野菜と肉は外から買うことがある」とのこと。

そんな快適な水上生活にも、どうにも我慢ならない困った問題があると言い、それがゴミ問題。タイ湾の入り口付近に位置するコピット島には、潮の流れに乗ってサムイ島やパンガン島など、所謂リゾートアイランドからのゴミが漂着するのだ。再生利用ができるものは肥料にしているというが、缶や瓶、プラスチック類は処理できない。手作業で肥料にするもの、売れるものに分別して処理はしているが、年々ゴミの量が多くなり、手作業では追いつかなくなっている。

島にはゴミの集積場所もなく、島の人々が今一番欲しいものは「ゴミを潰して小さくする道具」。燃やすのではなく、潰して小さくして島の外へ運べば再利用ができる。燃やせば手間は省けるかもしれないが、「二酸化炭素を排出するのでしない」という。

船で一周約30分の小さなこの島は、幸いにも水上生活を続ける漁師達により、ギリギリのところで守られている。島の人々の海を思う気持ちと島の景観を蝕むもの、それは都会人の「無駄」から生まれていることは間違いない。

取材・文・写真:山下マヌー

タイのおすすめホテル

  • グランデセンターポイントターミナル21

    館内では24時間対応ルームサービス、全室Wi-Fi無料、24時間セキュリティ、清掃(毎日)、タクシーサービスなどお客様のご利用目的に合わせた設備・サービスをご用意しております。日常から開放され、ゆったりと思いのままリラックスできるよう、ホットタブ、フィットネスセンター、サウナ、屋外プール、スパなどの娯楽施設をご用意しております。 他では体験できない一流のおもてなしとサービスをご堪能ください。
    TEL : +66 2 056 9000
    詳しくはこちら

  • ザ ブレス ホテル&レジデンス

    全54室ある当施設では、ルームタイプにより薄型TV、無料インスタントコーヒー、無料ティー、鏡、スリッパなどを備えており、一歩を足を踏み入れれば’日々の喧騒を忘れさせてくれるようなくつろぎの空間となっています。 さらに、ご滞在中は当施設主催のさまざまなレクリエーションをご満喫いただけます。 ゆっくりとリラックスした時間を過ごせるブレス レジデンスは、バンコクを訪れる旅行者にはとっておきの滞在先です。

    TEL : +66 2 662 2444
    詳しくはこちら

  • ジャスミン シティ ホテル バンコク

    ジャスミン シティ ホテルは大変便利なロケーションにあり、市内からはたったの1 kmの距離にあり、空港まで30分でアクセスできます。 館内のホットタブ、フィットネスセンター、サウナ、屋外プール、子供用プールはリラックスしたり一日の疲れを癒すのに最適な場です。 ゆっくりとリラックスした時間を過ごせるジャスミン シティ ホテルは、バンコクを訪れる旅行者にはとっておきの滞在先です。
    TEL : +66 2 204 5888
    詳しくはこちら

※「詳しくはこちら」「検索する(宿泊のみ)」から先は外部サイトへ移動します
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。