メインコンテンツにスキップ
高級店からローカル屋台まで。ベトナムで親しまれる絶品筍料理〜ベトナムと竹のしなやかな関係 vol.4

高級店からローカル屋台まで。ベトナムで親しまれる絶品筍料理〜ベトナムと竹のしなやかな関係 vol.4

TRAVEL 2023.01 ベトナム特集

share

古くからベトナムの人々の生活と文化に深く関わってきた竹。国の発展によりそれに代わる利便性の高いものが増えても、新たな価値と存在感を放つ。そんな竹とベトナムの人々との関係を探る企画のvol.4として、おいしい筍料理を提供するレストランとその料理をピックアップ。

ベトナム人のソウルフード、バンブーグルメを味わう

「Uu Dam Chay」は、2016年オープンのベジタリアンレストラン。「炒めてもいいし、蒸してもいい。生でも食べられる。どこでも採れて保存もでき、調理方法も簡単。ベトナム人にとって筍は、伝統食材でありソウルフード」。ここでアシスタントマネージャーを務めるフォンさんはそう語ってくれた。

店のメニューにも筍は外せない。なかでも人気なのが「テットスープ」。筍、蓮の実、キノコなどの野菜を入れたもので、麺をつけて食べる。もともとは旧正月にしか食べない料理だが、人気のため通年のメニューに加えたという。同じく「スチームバンブーシュート」も人気のメニュー。筍をくり抜き、そこにキノコ、野菜、豆、トウモロコシなどを詰めたオリジナル料理。筍の酸っぱさと野菜の甘みが口の中でミックスして、「食感と甘酸っぱい味がたまらない」と評判。

Uu Dam Chay

55 Phố Nguyễn Du, Quận Hoàn, Kiếm, Hà Nội

https://uudamchay.com

Google Map

筍スープを味わい、おいしく少数民族支援を

モン民族、ムン民族、タイ民族など、主にベトナム北部の少数民族料理を提供。「種類を選ばなければ筍はいつでも手に入ります。だけどうちは旬の時季の筍を、少数民族の村から仕入れています。なぜなら村人たちに収入をもたらすことで彼らの生活に役立ち、良好な関係が作れるから」と、スタッフのタインさん。そう言って出してくれた料理は、撮影時に旬を迎えた筍を使ったモン民族の筍スープだった。

A Ban

76 P. Trần Phú, Điện Biên, Ba Đình, Hà Nội

https://aban.com.vn

Google Map

毎日使う竹、毎日食べる筍

国が貧しかった時代には茹でた筍に塩をつけて食べて、お腹を満たしたという。近年生活レベルが上がり、筍を家庭で食べることが少なくなったとはいえ、街中には相変わらずたくさんの筍料理店が存在し、筍を使う高級店も増えている。おそらくベトナムの人々の体の中には、筍を欲する何かがあるのだろう。だからきっとこの先も、筍は姿と質を変えつつ、この国の人々の心とお腹を満たしていくに違いないのだ。

写真:勝恵美 取材&文:山下マヌー コーディネーション:モアプロダクションベトナム 編集:山下美咲

ベトナムのおすすめホテル

  • ハイ ベイ ホテル&レストラン

    2018年に改装されたHai Bay Hotelは、ハノイへのビジネス出張や観光のどちらにも最適なご滞在先です。 市内中心部より0.1 kmと、周辺スポットへの移動もアクセス便利なロケーションにあります。 市内の主要観光地へのアクセスも良く、滞在拠点として抜群の立地です。
    TEL : 84 24 3678 2727
    詳しくはこちら

  • Meritel Hanoi

    Meritel Hanoiは、ホアンキエム湖の付近にあり、空港送迎シャトルサービス、スイムアップバー、プールサイドバーを利用できます。ゆったりとリラックスできるサウナやトルコ風呂 / ハマムがあるほか、ぜいたくな気分を味わえるフェイシャル トリートメント、アーユルヴェーダ トリートメント、タラソテラピーも受けられます。
    TEL : 84 24 3719 9222
    詳しくはこちら

  • ラ シンフォニア デル レイ ホテル アンド スパ

    La Sinfonia del Rey Hotel and Spaは、ハノイでも人気の高い宿泊施設です。 市内からすぐの距離にあり、空港まで40分でアクセスできます。 市内の主要観光地へのアクセスも良く、滞在拠点として抜群の立地です。バルコニー付きのお部屋や湖の景色が望めるお部屋もあります。
    TEL : 84 24 3212 1155
    詳しくはこちら

※「詳しくはこちら」「検索する(宿泊のみ)」から先は外部サイトへ移動します
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。