メインコンテンツにスキップ
奇跡の青の循環〜メキシコ、マヤブルーの不思議-5

奇跡の青の循環〜メキシコ、マヤブルーの不思議-5

TRAVEL 2023.09 メキシコ特集

share

ユカタン半島に点在するセノーテについては、本誌特集の中で詳しく解説しているのでここでの解説は簡単に。セノーテとは「地下に染み込んだ雨水が地下水脈となり、その一部の地表が陥没し池のような状態」になっている場所のことで、池の下には洞窟のような水路が流れている。地下水は地表の温度の影響を受けにくいため、セノーテの水温も年間を通じてほぼ同じ、25度前後を保つ。

潜るのにはウエットスーツを着用しないと少し寒いが、水面で浮いたり泳いだりするにはスイムウェア一枚で十分。この神秘的な世界に浮かび、一体化することを勧める。

ユカタン半島には無数のセノーテがあり、現在わかっているだけでも3500。中にはグランセノーテなどのように、メジャーな観光スポットとなっているセノーテもあり、時間によっては大勢の人が押しかけていて、「写真で見た神秘の世界とは違う」ということもある。また、某TV番組や映画で有名になったセノーテの中には、写真撮影する観光客のために元々はなかったステージをセノーテの真ん中に設営。撮影のためにステージ前に順番待ちの列ができている。もちろんそうして撮った写真は、それはそれで素晴らしい思い出の一枚となるし、それが悪いというわけではない。

しかしながら、マヤの人々にとって「神と繋がる」聖なる場所でもあった、神聖なセノーテに行くのなら、なるべくシンプルで人の手の入っていない場所に行くのがいい。

もしあなたがダイビングライセンスを持っているのなら、絶対に潜るべき。なんの疑いもなく潜るべきだ。今回同行したカメラマンの高砂淳二氏は、過去世界各地の海で潜り、2022年ロンドン自然史博物館(大英自然史博物館)主催の「Wildlife Photographer of the Year」自然芸術部門で最優秀賞を受賞している。その彼に「今までで最高に幻想的な光景」と言わしめたのが、今回の「翼の王国」メキシコ特集の中で紹介しているセノーテに広がる洞窟水路。

太陽の光と水の青とが混ざりあって映し出される、ここでしかありえない「絶景」。「この光景を見るためにダイビングを続けてきたのだ!」と、そう心から思えたのはホントだ。

写真で見ると水面が見えているのがおわかりだと思う。つまり水面からわずか数メートルのところにこのような素晴らしい光景があるということ。この僅かな距離を進み、体験できるかどうかで、旅の完成度とその人の感性度が変わってくることは間違いない。セノーテに限らず、感動までの距離を縮めるために、必要なものを準備して旅に出るのがいいのだ。

セノーテ川の水が地下で繋がり、再び海へ流れ込む。流れ込んだ水はメキシコの強烈な太陽の光で蒸発して雲になり、その雲から雨が落ち大地を潤し、大地に染み込み再びセノーテへと繋がる。そして再び海へと流れ込む・・・。もう何千年も前から続くMayaブルーの循環が作り出したブルーホールに浮かび、ただそんなことをボーッと考えたりする。

取材・文:山下マヌー 写真:高砂淳二

メキシコのおすすめホテル

  • インターコンチネンタル プレジデンテ メキシコシティ

    メキシコシティのポランコ地区に位置するホテルで、国立人類学博物館から数分です。レストラン6軒を併設しています。 チャプルテペック公園の美しい景色を眺め、最先端のフィットネスセンターを併設しています。
    TEL : +52 55 5327 7700
    詳しくはこちら

  • カミノ レアル アエロプエルト

    Camino Real Aeropuertoは大変便利なロケーションにあります。 ここからは市内へのアクセスも良く、滞在拠点にピッタリです。 市内の主要観光地へのアクセスも良く、滞在拠点として抜群の立地です。
    TEL : +52 55 3003 0033
    詳しくはこちら

  • ガレリア プラザ レフォルマ

    ホテルには客室が434室あり、首都の金融商業地区に囲まれ、高級レストラン、ショップ、ブティックが近くにあります。 サービス部門での受賞歴がある近代的で快適な5つ星ホテルで、メキシコシティーの数多くある宿泊施設の中でリーダー的な地位を誇っています。
    TEL : +52 55 5230 1717
    詳しくはこちら

※「詳しくはこちら」「検索する(宿泊のみ)」から先は外部サイトへ移動します
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシーについては、移動先サイトの方針に従うものとします。