メインコンテンツにスキップ
山梨「THE SENSE FUJI」富士の大自然とラグジュアリーが融合した大人の宿〜旅で潤う vol.13

山梨「THE SENSE FUJI」富士の大自然とラグジュアリーが融合した大人の宿〜旅で潤う vol.13

LIFE STYLE DEPORTARE

share

刻々と貌を変える富士山
天然温泉と非日常を堪能する

浴室から眺める富士山は、額縁に収められた絵画のような美しさ。遮蔽物(しゃへいぶつ)が一切なく、風を感じながら天然温泉に浸(つ)かり、外気浴を楽しむことができます。

河口湖に程近い富士の麓に4月にオープンした「THE SENSE FUJI」は、“富士山を常に感じられる”ヴィラタイプのラグジュアリーホテル。グループごとに貸切りで利用できる温浴棟には、雄大な富士を望む大浴場とロウリュウ式サウナが備えられ、最高のプライベートタイムを満喫できます。

「温浴棟の浴槽の深さやステップの高さなどは、座ったときに富士山が美しく見えるように設計されていて、時間ごとに表情を変える景色をご覧になれます」

と、事業部マネージャーの田中伸明さん。日の出、日の入り時に赤く染まる富士山も見どころだと言います。サウナは昨今の熱さ重視のものとは異なり、体に負担のない温度が特徴。

「富士山周辺は湧水スポットとしても有名。地下水を使用した水風呂は、夏でも冬でも、程よい水温を保ち、手つかずの天然の名水を存分に浴びられます」

大自然と一体になれる極上のリトリート空間。これほどの贅沢がほかにあるでしょうか。

大自然とラグジュアリーが融合
コース料理とワイン、そして富士の眺め

「ここは、もともとお隣りのゴルフ場の林だった部分で、200〜300本の木を伐採してできた土地です。いま、温浴棟が立っているところからの富士山の眺望がとても素晴らしくて、富士ビューを生かした土地活用を考えてつくられたのがこのホテルです。また、3棟あるサウナヴィラの客室からはゴルフコースの13番ホールを見渡すことができて、ゴルフ好きの方にとても人気です」(田中さん)

東京から車で約1時間半。山梨県の中南部に位置し、静岡県富士宮市と接する県境の鳴沢村にオープンしたホテル「THE SENSE FUJI」は、名門コースとして名高い「富士レイクサイドカントリー倶楽部」に隣接する。標高1,000メートル。春は富士桜やツツジを眺めながら、夏は涼しく、秋は紅葉を楽しめるという。

「夏が過ぎ、9月に入ると富士山は閉山。例年9月末から10月頭に初冠雪を観測します。この施設ができてから初めて見る雪化粧した富士山が楽しみですね。夜でも月が明るいと富士のシルエットがよく見えますし、逆に、空が暗い日は夜空の星が綺麗に見えます」

約2,700坪の敷地内に独立した15のヴィラ棟を配するラグジュアリーホテル。ゲストルームや富士山を一望できる広々としたテラスで味わう開放感は格別だ。

「室内は全体的に目線を低くした家具で統一しました。窓の占める面積が非常に多く、サッシなしで開くようになっています。朝方ベッドから起き上がったとき、朝日とともに富士山を見ていただけるというのもコンセプトの一つなので、ぜひ、朝日に照らされて赤く染まった赤富士もご覧になっていただきたいです」

しかし、富士山の眺望を確保しつつ、プライバシーも守ることにとても苦労したそうだ。

「テラスの形一つにしても、こうすると外から丸見えになってしまうとか、こうすると富士山が見えなくなってしまうとか、開放感とプライバシーを両方担保するデザインに辿り着くまで試行錯誤を重ねました。また、ヴィラ棟の壁には、天然の風合いを崩さないように焼杉という素材を使っております。あえてテレビを設置せず、自然の音を楽しんでいただけるようにしていますので、『ひさしぶりに静かな時間を過ごせた』とおっしゃるお客様も多くいらっしゃいます」

プライバシーを重視した取り組みはこれだけではない。チェックイン、チェックアウトは部屋で可能。全棟に内風呂を備え、滞在中、好きな時間に何度でも天然温泉に楽しめる。サウナヴィラでは、樽のバレルサウナかテントサウナで汗をたっぷり流し、ジャグジー付きの水風呂を独り占め。広いテラスで富士山を眺めながらの外気浴も最高だ。

部屋の冷蔵庫には各種ドリンクが用意され、滞在中はアルコールを含めたドリンクがフリーでいただける。入浴やサウナの後の一杯がどれほど美味しいか、一度経験したら忘れられないだろう。そして、最高の楽しみはテラスでいただく食事だ。地元の山の幸をふんだんに使ったディナー料理は、グリルコースと鍋コースの2コース。ホテルスタッフが一皿一皿、丁寧に仕上げた見た目にも美しいお料理を堪能できる。

「テラスでお食事を食べていただくスタイルなので、グランピングに近いのですが、どちらかいうとリゾートホテルのジャンルになります。準備から調理、ご提供まで全てスタッフが行い、アペタイザーとの間の料理も含めて全てお部屋での調理でございます。また、当ホテルのオーナーがソムリエの資格を持っておりまして、選りすぐりのワインを揃えております。アウトドアスタイルで飲むワインというのも、普段とはまた異なる味わいかと思います」

ホテルステイの最後の楽しみは、朝靄に包まれた富士山を眺めながらの温泉浴を満喫した後の朝食。和食と洋食から選べ、地元の新鮮野菜を使ったサラダやフレッシュジュースが炊きたてのご飯や焼きたてのパンとともに提供される。

「卵料理はお客様にその場で仕上げていただくことも可能です。普段料理をしない方もグランピング気分で調理を楽しんでいただけたらと思います」

観光スポットとして人気の「河口湖」まではホテルから車で15分ほど。富士山の伏流水を水源とする8ヶ所の湧出群「忍野八海(おしのはっかい)」までは20分というアクセスのよさ。国指定の天然記念物であり、日本名水百選にも選定された神秘的な湧水池は山梨県屈指の景勝地であり、パワースポットとしても人気だ。

大自然と非日常を楽しめる大人のためのラグジュアリーホテル。オープンして半年、すでにリピーターが多いというのもうなずける。

案内人:笹野美紀恵

サウナトータルプロデューサー。実家は、“サウナの聖地”と称される「サウナしきじ」。サウナ・温浴施設プロデュースのほか医療機関と連携し、新しいウェルネスの形を提案している。

THE SENSE FUJI

山梨県南都留郡鳴沢村字富士山8545-5

TEL:0120-22-7774

中央自動車道「河口湖IC」より車で14分

https://www.thesense.jp/fuji/
GoogleMap

写真:yOU 取材・文:笹野美紀恵 編集:服部広子